ANAマイルを陸マイラーとして1年間貯めた結果とその貯め方

貯まったマイルはなんと235,075マイルです。強い!

きっかけは「知識ゼロからのANAマイルの貯め方・使い方ガイド」というサイトを見て、これでできるなら自分でもできるんちゃう?と思って、昨年1年間ANAマイルを陸マイラー(飛行機に乗らずにマイルを貯める人)としてマイル獲得を頑張ってきました。結果は1年間で画像の通り23万5075マイルを貯めることができました。

プレミアムポイント(飛行機搭乗で貯まるポイント)がゼロというところからわかるように飛行機には一切搭乗していません。今回は福岡市民の私が飛行機に乗らず23万マイルを1年間で貯めた方法を紹介していきます。

23万マイルで何ができる?

ハワイなら往復3万マイルでいけるので家族4人分出しても12万マイルですからハワイ往復旅行が家族全員分出せる計算ですね。

国内線なら福岡-札幌も往復14000マイルからです。おなじく4人家族なら56000マイルになります。

1年間で20万マイル以上貯められるというのであれば、毎年のハワイ海外旅行をマイルだけで貯めることができ、プラス北海道旅行までできるという計算になりますね。

航空券代だけなのでホテル代とかは別に用意する必要がありますが、交通費が無料になるというのはかなりの嬉しい特典です。

ちなみに、この方法は独身の方でももちろん利用できます。17万マイルもあればヨーロッパにファーストクラス(往復)ができます。ファーストクラスの運賃は普通に買えば250万くらいするので、すごい経済効果があります。

飛行機に乗らずにマイルを貯める方法は2つ

飛行機に乗らずにマイルを貯める方法として代表的なのはクレジットカードの利用で貯めたポイントをマイルに交換するというもの。よく知られていますね。

ただ、この方法はサブ(補助)としてはいいですが、決してメインにはできません。仮に20万マイルをクレジットカードのポイントで貯めようと思ったら、2000万円は買い物しないと貯まりません。

セレブリティな方ならできるかもしれませんが、年収が3ケタ万円台の自分にはまず無理です。ちなみに今回の話とはあまり関係ないですが、年収1000万円あっても実は生活ってそんなに楽じゃないんですよという話が話題になっていましたね。

書かれている通りでたとえ年収が1000万円あっても税金やらでたくさんとられて意外と手取りは少ないというところなんでしょう。

脱線しました……。

さて、ANAのマイルを貯めるためのもう一つの方法は「ポイントを貯めてポイントをANAマイルと交換して貯める」ということことです。

 

ポイントサイトで効率よくポイントを貯めてANAマイルを稼ぐ

ポイントサイトというのはリワード広告と呼ばれる、ユーザーが特定の行動をすることでポイントが貯まるようになっているサイトです。

当ブログでも以下の記事でも紹介しています。

スーパーサニー(SUNNY)でのお買い物なら「ウォルマートカードセゾン」が欠かせない

サニーのお買い物がお得になるサニーカードをポイントサイト経由でつくれば2800ポイントがもらえますよという案件です。実はこの2800ポイントは約90%のレートでANAのマイルに交換することができるんです。

なので、お得なサニー用のクレジットカードを作るだけで2520ANAマイルが貯まるって寸法になります。ウォルマートカードセゾンは年会費無料のクレジットカードなので、事実上タダで2520マイルを貯めることができるということになります。

ちなみに、同じようにサニーのネットスーパー「西友ドットコム」の利用でもポイントが貯まります。

こんな感じでポイントサイトを使ってポイントを貯めて、それをANAマイルに交換するという手法だけで年間に20万マイル稼ぐことができました。そんなに貯まるの?と疑問に思う方もいるかもしれませんが、下記のページで紹介されているように、比較的簡単に貯めることができます。

無料の資料請求や口座開設でポイント(ANAマイル)を貯めまくる
外食をして飲食代の30~50%のマイル還元を受ける方法
1撃数万マイルも夢じゃないFXのポイント案件攻略法

ANAマイルを貯めるという前提で言えば。

ポイントタウン
ハピタス

この二つのサイトは絶対に抑えておきたいところです。それぞれ会員登録は無料ですし、ANAマイルを貯める上では絶対必要なので、先に登録しておきましょう。

 

貯めたポイントはソラチカルートでANAマイルに交換する

この方法のもっとも重要なポイントは貯めたポイントをどれだけ高レートでANAマイルに交換するか。ということです。

たとえば、Tポイントは2ポイントを1ANAマイルに交換できます。レートは50%ですね。ところが、ANAの陸マイラーは「ソラチカルート」という交換経路を利用することで交換レートを90%にまで高めることができます。

つまり100ポイントを90ANAマイルにできるというわけです。

そのために必要なのはソラチカカード (ANA To Me CARD PASMO JCB)というクレジットカードです。ANAカードの一種です。ANAのマイルを貯める上では絶対に必要なクレジットカードです。

このソラチカカードを持っていると、上記の「ポイントタウン」や「ハピタス」で貯めたポイントをメトロポイントという東京メトロ(東京の地下鉄)のポイントに交換することができます。そしてそのメトロポイントは100:90のレートでANAマイルと交換できます。

つまり、メトロポイントを踏み台にすることで高いレートで貯めたポイントをANAマイルに交換できるということになります。

 

実際に貯まるまでは、本当に使えるネタかわからなかったので公開しませんでしたが、1年間やって問題なく貯め続けることができたので、これからもANAマイルを上手に貯めていく方法も随時紹介していきたいと思います。